投資の基本とは何でしょうか?

いくつかありますが、

今回は初心者向けに書いていこうと思います。

投資の基本を知らなければ、

詐欺に遭ってしまったり、自分の身の丈に合わない投資に手を出してしまうといった危険性が高くなってしまいます。

何事も基礎基本が大切ですよね。

では、

投資の基本とは何か?

それは、

長期、積立、分散 です。

投資とは漬物に近いです。w

以下詳しく解説していきます。

長期・・・

投資とは時間に比例してお金が増えていくものです。

つまり、「時間」が鍵になってきます。

漬物も時間に応じて漬け具合が変わりますよね?w

お金を増やすためには時間が必要なのに、

時間がかからない投資→詐欺の可能性が高い

と言えるでしょう。

積立・・・

投資は時間の他に「元本(種銭)」が必要になります。

漬物でいえば大根や白菜といったものですねw

基本的には 「時間×元本」=投資の利益 となります。

ただ、いきなり100万円とか1000万円といったお金を

全額投資するのはあまり現実的ではないのではないでしょうか?

そのため、毎月数万円〜十数万円といったお金をコツコツと

積み立てていくのが基本となります。

分散・・・

例えば株式に全額投資していた場合、

その株がコロナといったような事象により、

一気に損失してしまう可能性があります。

漬物も1種類だけだと味に飽きてしまうので、

何種類か欲しいですよね?w

これを防ぐためには、投資先の分散が必須です。

例えば、

株式30%、積立NISA10%、金20%、投資信託30%、債権10%

といった感じで分散していくことが大切になります。

よく、

「この投資が一番良い!」 とか 「これさえやっておけば安心!」

といったことを話している人がいますが、

とても危険です。

あなたも一度見直してみてくださいね。

未分類

Posted by takutaku